HOME>注目記事>晴れやかな和装での日本人らしい伝統的な結婚式

伝統的で心に残る結婚式

新郎新婦

結婚式にはいろいろなスタイルがありますが、伝統的で心に残る結婚式をしたいというカップルに支持されているのが神前式です。一般的にはチャペル式が主流ですが、おとぎ話のように幻想的な結婚式よりも、厳かな雰囲気を求めるカップルもいます。神前式は日本人の生活に根付いている神社において、神様を証人として愛を誓いあうセレモニーです。自然と厳かな雰囲気になり、気分も引き締まります。また、和装に憧れる女性も多いため、清楚な白無垢や華やかな色打掛など、写真映えする結婚式をするために神前式が選ばれることもあります。世界遺産に指定されている神社など、有名な場所で行うことも可能です。

衣装によって費用が変わる

和婚

神前式の費用の相場は30万円から35万円とされていますが、衣装によってかかる費用は大きく変わってきます。白無垢のレンタルは15万円ほど、色打掛のレンタルは20万円ほどが相場となり、カツラをレンタルする場合はさらに3万円から10万円ほどかかります。衣装やカツラにこだわると、費用はどんどんかさんでいくでしょう。神社によってはパックプランを用意しているところもあるほか、演出を絞るなどして費用を抑えることも可能です。

意味のある結婚式ができる

新郎新婦

実際に神前式を行ったカップルは、意味のある結婚式ができたと満足しているようです。日本の伝統に則った神前式は、心に響き夫婦として新しい一歩を踏み出すのにぴったりの儀式です。また、着物は女性をより美しく見せてくれるため、満足できる花嫁姿に慣れたと喜ぶ声も多く聞かれます。ただし、神社によっては親族しか神殿に入ることができないなど、決まりがあるところもあります。友達が中に入れなかった人もいるようなので、事前に確認しておくことが必要です。

広告募集中