新郎新婦

伝統的で厳かなスタイル

一昔前までは、結婚式といえば教会で行うチャペル式が主流でしたが、近年は和婚ブームにともない神前式の人気が高まっています。神前式が人気の理由は、日本の伝統的なスタイルでの結婚式が行えることです。雅楽の流れる中での花嫁行列など、映画のワンシーンのような結婚式が行えます。また、初詣や願掛けなど、神社は1年のスタートや人生の節目に訪れる神聖な場所であるうえ、パワースポットでもあるので結婚式を行うのに適した場所ともいえるでしょう。

大人の女性に似合う花嫁衣裳

神前式が人気の理由として、花嫁衣裳が和装ということもあげられるでしょう。近年は晩婚化が進んでおり、花嫁さんの年齢も上がっています。大人の女性の中には、ウエディングドレスを着るのは恥ずかしいという人もおり、和装の神前式に魅力を感じる人が増えているのでしょう。和装の花嫁衣装といえば白無垢というイメージがありますが、それ以外にも華やかな色打掛や優美な弾き振袖など、選択肢も豊富です。年齢を問わず満足度の高い衣装を選べます。

セレモニーの流れ

神前式には、一連のセレモニーの流れがあります。まずは三振の儀と呼ばれる花嫁行列から始まり、神殿に入場した後は修祓の儀でお祓いを受けます。次に、斎主による祝詞奏上で結婚の祝福を受けます。その後、三献の儀で夫婦で杯を交わし、誓詞奏上で夫婦の誓いの言葉を述べた後、指輪の交換となります。最後に神と人をつなぐ儀式の玉串奉奠、巫女からのお祝いである巫女の舞、親族がお神酒を交わす親族の儀を経て完了です。伝統的で、心に残るセレモニーとなるでしょう。

神社の選び方

神前式を行う神社の選び方は、結婚式を挙げたいエリアでいくつか興味のある神社を選ぶのがよいでしょう。5つぐらい選んだら、全ての神社を実際に見学してみます。飛び込みでもOKの神社もありますが、神前式の下見であるなら予約が必要な神社もあるためHPで事前に確認しておきましょう。見学では、神社の雰囲気とともに、どれぐらいの人数が収容できるのか、家族以外でも神前に入れるかなども確認しておくのが大切です。また、冷暖房が完備していないところも多いため、夏や冬に結婚式を行う場合はその旨も確認するのが必須です。神社を探す時期としては、遅くても結婚式の半年前ぐらいから始めるのが良いでしょう。結婚式の打ち合わせは式の3ヶ月から4ヶ月前から始まるため、余裕をもって探しておくのが賢明です。神社の雰囲気、神社のスタッフの対応、料金などを基に、自分たちにぴったりの場所を選ぶと良いでしょう。

神前式の魅力をわかりやすくお伝えします

日本だからこそできる結婚の形。神前式を行えば、格式高い神社で一生の思い出を作ることができます。

広告募集中